追加の金融緩和で日本の株式市場は底堅く

今年の10月31日には日銀による追加の金融緩和を実施することが発表されました。
今回の金融緩和ではETFやREITの購入金額を従来の3倍に増やし、国債の保有期間も10年間と従来よりも3年延長されています。
その結果として日本の株式市場では、日銀によるETFが継続して入ってくることが期待できるようになっています。
株式市場が下落した際には、日銀のETF買いによって相場が支えられることになります。
したがって、日本の株式市場は今後も底堅い展開が継続していく可能性が高いです。
仮に海外情勢などの外部要因で株式市場が調整するような局面があれば、絶好の買い場になるのではないかと思います。
株式市場が下落しても、日銀によるETF買いや年金資金による買いなどが入ってくることが期待できるからです。