金融緩和についてのこと。

金融緩和とは、金利を引き下げたり、日本銀行が現金を発行し「お金」の量を増やすことで、景気を刺激して、物価の安定や通貨価値の安定を目指す経済政策のことをいいます。
金融緩和を行うことで、信用秩序の維持やマクロ経済の安定があり、具体的には物価を調整してインフレやデフレを解消し、非自発的な失業率を下げることを目的としています。
手法としては、中央銀行が民間銀行に資金を貸す時の金利を変化させたり、金融市場で流通している国債などを売買することで市場金利の水準を変化させたり、預金の準備率を操作したりなどを行います。
金融政策を行い、経済が刺激されることで企業による設備投資や個人による消費なども増えます。
そうすることで、実体経済が改善に結びつく政策なのです。